映画で学ぶ英語学習ブログ

語彙(vocabulary)

更新日|

映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」から学ぶ英文法|お分かり?を英語で表現する

今日から新しい映画で英語を勉強しましょう。前回も比較的知名度のある映画でしたが、今回もまた、知名度の高い映画からお届けします。海賊たちが活躍する映画、パイレーツ・オブ・カリビアンです。

ジョニーデップの代表作として知っている方も多いかと思いますが、パイレーツ・オブ・カリビアンに登場するのは伝説の海賊の伝説。ある財宝を盗んでしまうと、恐ろしい呪いにかかってしまうという伝説と、それに翻弄される人々を描いたものです。

パイレーツオブカリビアン (出典:Walt Disney Pictures)

そんな映画のメインキャラクターのうちの一人、ジャック・スパロウ。彼の口癖は、「お分かり?」と語尾に付けることですが、英語では何と言っているか、ご存じですか?

[Today’s phrase]

- Savvy?

ジャック・スパロウの口癖は、英語では”Savvy?”となっております。これには色々な意味があるのですが、基本的には形容詞として覚えておきましょう。

savvyは、話し言葉的にvery clever / very smart などの意味で、非常に肯定的な言葉です。日本語にすると、抜け目がない・(あることに)詳しい・機転が利く・実用的な、というような意味になることもあります。

また、重要なこととして、「~に詳しい人」という意味を作る接尾語にもなります。例えば、「コンピュータに詳しい」というのを、computer-savvyと言うのです。He is computer-savvy.と言えば、「彼はコンピュータについてよく知っている」という意味です。一方で、savvyには「実用的な」という意味があることを鑑みれば、savvy computerと言うと「実用的なコンピュータ」となるので、使い分けが重要です。

[Today’s question]

以下の文章を訳してみましょう。

- We have to consult somebody business-savvy.

consultは、他動詞で「~を参照する・~の意見をきく」という意味です。そして、savvyがbusinessの後ろについていることを考えれば、意味としてはさほど難しくはありませんね。すると、次のように訳すと良いでしょう。

【翻訳例】私達は、誰かビジネスに詳しい人の助言を仰がねばならない。

今日はこの辺で!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加