映画で学ぶ英語学習ブログ

語彙(vocabulary)

更新日|

映画「華麗なるギャッツビー」から学ぶ英文法|親しみを込めて相手を呼ぶ

5月と言えば大型連休ですが、来る6月は国民の祝日が無いためうんざりしてしまいますね。しかし、どんなときでも前向きに、楽しく人生を送りたいものです。

今日から見ていく映画、華麗なるギャッツビーは、過去にも映画になっているものなのですが、今回は最新のレオナルド・ディカプリオが演じたギャッツビーを見て行きましょう。

華麗なるギャツビー
(出典:Paramount Pictures)

全体としてどういう話なのかを要約するのが難しいのがギャッツビーという映画(物語)なのですが、敢えて言うのなら、ギャッツビーという男のある人生を、彼をもっとも理解していた友人が綴る物語でしょう。そんなギャッツビーの口癖をご存知でしょうか。

[Today’s phrase]

次の文章を訳してみましょう。

- Old sport.

ギャッツビーの口癖でもあり、日本語では「友よ」などと訳される言葉です。特に深い意味はありませんが、他の英語にするなら、my friend, buddy, broなどといったところでしょう。いずれにせよ、「なぁ、心の友よ」というような意味です。Guess what, old sport [my friend, buddy, bro]? は、「聞いてくれるか、友よ」の意味ですね。

しかし、重要な点としては、このOld sportという言葉、どうやらギャッツビーという物語の中以外では、殆ど使われていないようです。現実には、親しみを込めて相手を呼ぶときの呼びかけとしては、buddyやbroなどが多く使われますが、俗っぽい印象を与えることもあるので注意しましょう。

その点、ギャッツビーはOld sportという言葉を使うことで気品を損なわないようにしながらも親しみを表していますが、それが彼の社交術だったのでしょう。こんなふうに、作品内の造語や独特の表現を楽しむのも、英語の楽しみ方のうちの1つです。

[Today’s question]

次の文章を訳してみましょう。

- Kipple is useless objects, like junk mail or match folders after you use the last match or gum wrappers of yesterday’s homeopape. When nobody’s around, kipple reproduces itself. For instance, if you go to bed leaving any kipple around your apartment, when you wake up the next morning there’s twice as much of it. It always gets more and more.

たまには長い文章を訳すのにも挑戦してみましょう。そして、Old sportと同じように、造語を含む文章を引用してみました。訳すだけならば、次のようになりますね。

≪翻訳例≫

キップルっていうのはね、役に立たないもの、例えば折り込みチラシとかさ、最後の一本を使って空のマッチ箱とかさ、昨日の新聞で包まれたガムの”噛みくず”とかさ、そういうやつだよ。キップルは、人間の手を借りなくても自動的に増えていく。例えばさ、何かキップルを一つ、そのままにして寝ちゃったとするじゃない、そしたら次の日の朝には、それが二つになってるんだ。そうやってどんどん増えていくのさ。

引用元は、「アンドロイドは電気羊の夢を見るか」です。そこで出てくるある男が、「キップル」というものについて説明するのですが、実際にはほとんどの辞書にはkippleという単語はありません。そのため、辞書を頼りすぎていると、この文章の面白さを100%得ることは出来ないでしょう。辞書を頼りすぎずに文章を読むべき、というのには、こういった意味合いがあることもあるのですね。

ちなみに、こうした造語をcoined termといいます。このように、coinには、「(新しい言葉)を作る」の意味があるのも覚えておくとよいでしょう。

今日はこの辺で!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加